中国、違法に北朝鮮労働者を受け入れか

中国当局は、国連安全保障理事会の制裁決議を受け、自国内で働く北朝鮮労働者について、就労ビザの期限が満了すれば延長を認めず、帰国させている。丹東の工場の中には、北朝鮮労働者の半分が帰国したところも出ている。韓国の聯合ニュースは、帰国した労働者は9月だけで2600人に達するとの見方があると伝えた。

(関連記事:丹東を去る北朝鮮労働者続出…半分以上が帰国した工場も

その一方で、中国当局は、北朝鮮労働者の違法な受け入れを黙認したり、便宜を図ったりしているのではないかとの疑惑が浮上している。