北朝鮮各紙「売国逆賊らは正義の砲火を避けられない」…韓国文大統領を非難

7日付の北朝鮮の各紙は、韓国の文在寅大統領を非難する論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

朝鮮労働党機関紙・労働新聞と内閣機関紙・民主朝鮮は論評で、文氏が北朝鮮の核・ミサイル問題をめぐり、「誰それの『線を越える挑発』がある場合、即刻『攻勢的な作戦に転換』しろだの、『軍構造改革を強く推進』しろだのと青筋を立てた」などと、指摘した。

労働新聞の論評は、文氏が「格に似合わない好戦的暴言をやたらに吐いているのは実に笑止千万である」と嘲笑した。