「わが軍の第一撃は避けられない」北朝鮮、在韓米軍の司令部移転を非難

北朝鮮の朝鮮人民軍板門店代表部は14日、在韓米軍の主力である米陸軍第8軍の司令部がソウルから京畿道平沢市に移転したことについて報道官談話を発表し、「(韓国を)永久に占領する企図を露骨にさらけ出した」ものであると非難した。朝鮮中央通信が伝えた。

第8軍司令部はソウル中心部の竜山にあったが、今月11日にソウルから約50キロ南にある平沢に移転した。平沢は朝鮮半島西側の黄海に接し、すぐそばに在韓米軍の烏山空軍基地もある。このことから、司令部の移転は南シナ海や尖閣諸島などでの緊張に対応し、朝鮮半島の外に部隊を展開する事態を想定した動きであるとの見方が伝えられている。

ただそれ以前に、米軍はソウルが北朝鮮の長距離砲部隊の射程内にあることを嫌い、有事に第一撃を受けにくい平沢に司令部機能を移すことで、より柔軟な軍事戦略を取ろうとしているとの分析もある。

北朝鮮にとって見れば、在韓米軍の司令部機能がより安全な立地を確保することは、米韓軍からの攻勢圧力が増すことを意味する。

報道官談話は、「朝鮮半島を海洋勢力と大陸勢力の力が交差する重要な戦略的拠点と見なし、南朝鮮に巣くって全朝鮮を占領し、ひいては世界制覇野望を実現しようとするのが世紀を継いで持続する米帝の対アジア政策目標である」と指摘。

また、「わが軍隊の第1次的な打撃目標になっている南朝鮮占領米帝侵略軍基地は平沢にあれ、釜山にあれ、わが長距離砲兵の無慈悲なせん滅的火力打撃を絶対に避けられない」などと威嚇した。