北朝鮮外務省局長が赤道ギニアを訪問

朝鮮中央通信は13日、北朝鮮外務省のホ・ヨンボク局長が最近、アフリカの赤道ギニアを訪問して政府要人らと会談したと報じた。訪問の日時は明らかにされていない。

赤道ギニアは北朝鮮の友好国のひとつであり、情報通信(IT)事業などビジネスの取引も多い。

赤道ギニアはアフリカ第3の産油国であり、油田開発の進んだ1990年代の後半から2ケタの経済成長を維持。わずか80万人足らずの人口に対し、GDPは143億ドル(約1兆7600億円=2014年推定)に達する。

同通信によれば、北朝鮮と赤道ギニアの外交当局は「今後、多岐にわたる代表団の往来を活性化し、農業、保健医療などの分野で協力を拡大、発展させることについて討議」したという。