金正恩氏、南北軍事境界線付近の防御隊を視察

北朝鮮の金正恩党委員長は、黄海の南北軍事境界線に近接する長在島(チャンジェド)防御隊と茂島(ムド)英雄防御隊を視察した。日時は不明。朝鮮中央通信が5日、報じた。

長在島防御隊と茂島英雄防御隊を視察した金正恩氏(2017年5月5日付労働新聞より)
長在島防御隊と茂島英雄防御隊を視察した金正恩氏(2017年5月5日付労働新聞より)

長在島と茂島は、黄海南道(ファンヘナムド)康翎(カンリョン)郡のケモリ基地の南にある島で、韓国領の大延坪島からそれぞれ6.5キロ、11キロのところにある。2010年11月に韓国・延坪(ヨンピョン)島砲撃事件は、茂島英雄防衛隊が主導したとされている。

同通信によると、金正恩氏は、長在島防御隊の監視所に上がって延坪島を眺めながら、延坪部隊の現況状態の報告を受け、敵対象物火力打撃計画を了解、検討し、次のように述べた。