北朝鮮「核・ミサイル騒動は安保狂乱劇の極み」…韓国保守派を非難

北朝鮮の祖国統一研究院は4日、「南朝鮮のかいらい保守一味が起こす『安保』騒動は権力奪取と維持のための茶番劇だ」とする告発状を発表。同日、朝鮮中央通信が報じた。

告発状は、「南朝鮮では選挙シーズンが到来すれば間違いなく『安保不安』が作り出されたりした」と指摘。

また、「『北の核、ミサイル脅威』騒動はかいらい保守一味が執着する『安保』狂乱劇の極みだ」と強調した。

さらに、「かいらい保守一味が『安保』と『従北』騒動によってファッショ的権力を維持していた時代は、永遠に過ぎ去った」と述べた。