北朝鮮民間団体「米国の化学戦争挑発策動を座視しない」

北朝鮮の米軍犯罪真相究明全民族特別調査委員会の北側本部の代弁人(スポークスマン)は20日、「米国は世界制覇野望を実現するためなら、わが民族を生物・化学兵器で全滅させることもためらわない犯罪的企図を再び余地もなくさらけ出した」とする談話を発表。同日、朝鮮中央通信が報じた。

談話は、「最近、南朝鮮占領米帝侵略軍が北侵生物・化学戦争計画『ジュピター計画』を強行推進するために関連装備を釜山港に引き入れた」と指摘した。

また、「最近、米国がわれわれに途方もなく言い掛かりをつけていわゆる『生物・化学兵器威嚇』説をけん伝するのも結局、北侵生物・化学戦争挑発の名分を立てようとするところにその凶悪な下心がある」と強調した。