北朝鮮の労働新聞は11日、署名入りの論説で「米国が(韓国大統領の)選挙に影響力を行使しようと各方面で策動している」と非難した。同日、朝鮮中央通信が報じた。

論説は、「米国が悪質な親米分子であり、汚らわしい政治俗物である潘基文をかいらい大統領選挙に候補として推し立てて保守『政権』を延長しようと陰に陽に策動している」と指摘。

また、「南朝鮮で植民地支配の基盤が揺れるたびに見捨てられたかいらいを除去して新しい手先をポストにつかせる方法で親米『政権』を維持するのは、米国の常套的手口である」と主張した。