韓国国家安保室長「中国が反対してもTHAADは配置」…米次期安保担当者と会談

金室長は「THAADは、純粋な防御兵器で我々の自衛権的措置に該当する。自主権に対応する問題であるだけに、中国が反対するといってもそこに構ってこないだろう。合意どおり、必ず配置することで両国間の意見は一致しており、計画通りに行くだろう」と述べた。

さらに金室長とフリン氏は、「北朝鮮の核は決して認められず、こうした前提の下で強力で実効的な制裁と圧迫を通じて、北朝鮮の方針を変え非核化の道に進むようにすることは重大だ。このため、隙のない米韓共助を続けていこう」という意見で一致した。