金正恩氏の「番犬」が北朝鮮庶民の食い扶持を荒らし始めた

北朝鮮と中国の国境地帯で異変が起きているという。そして異変の原因は、泣く子も黙る秘密警察・国家安全保衛部(以下、保衛部)にあるとされる。

顔面を串刺し

保衛部は中国で捕まり、北朝鮮に強制送還された脱北者を取り調べ、携帯電話を使って海外と秘密裏に連絡を取り合う住民をも取り締まるため、もともと中朝国境とは縁がある存在だ。

(参考記事:北朝鮮、拘禁施設の過酷な実態…「女性収監者は裸で調査」「性暴行」「強制堕胎」も

そんな彼らが密輸をはじめとする「国境ビジネス」に手を出し始めてから、国境がおかしくなったというのだ。