北朝鮮の一部地方で、コメの価格が大幅に下がっていることが明らかになった。

黄海北道(ファンヘブクト)のデイリーNK内部情報筋によると、コメ1キロの価格は10月中旬まで4800北朝鮮ウォン(約57.6円)だったのが、11月に入ってから3500北朝鮮ウォン(約42円)まで急落。住民たちは「暮らしが楽になる」と喜んでいるという。

コメ価格が急落している地域は、黄海道(ファンヘド)と平安道(ピョンアンド)などの西海岸の穀倉地帯だ。その一方で、北東部の咸鏡北道(ハムギョンブクト)や両江道(リャンガンド)の市場では、現在も5000北朝鮮ウォン(約60円)前後で取引されており、値段の推移に変化は見られない。

北朝鮮のコメ価格の変動について情報筋は次のように語った。