北朝鮮の銀行は信用ゼロ…無謀な貨幣改革がきっかけ

北朝鮮では、銀行を利用する人はほとんどいない。全くと言っていいほど信用がないからだ。

故金正日氏が、2009年に行った「貨幣改革」(デノミ)は、拡大しつつあった市場経済を潰し、経済を主導権を国に取り戻すことが目的だったと言われている。

旧紙幣を全額銀行に預けさせ、その一部のみを新紙幣で引き出せるという形にした。つまり、銀行に全財産のほぼ総額を奪われることになったのだ。このデノミによって北朝鮮経済は大混乱に陥いる。市場からは物が消えて、一部地域では餓死者も発生した。

なかには、「どうせ財産を国に奪われるのだから」と大量の旧紙幣を自宅で燃やす人も続出。新紙幣の価値は暴落し、ハイパーインフレが起きた。これをきっかけに、北朝鮮ウォンと銀行は信用を全く失ってしまった。今や、銀行におカネを預ける人は「バカ」扱いされるほどだ。