北朝鮮の朝鮮人民軍(北朝鮮軍)戦略軍の金絡謙(キム・ラクキョム)司令官は9日、米領グアム島周辺に向けて弾道ミサイルを発射する計画を検討していると明らかにした。朝鮮中央通信が10日、伝えた。

同軍戦略軍は8日、グアムの軍事基地を弾道ミサイルで包囲射撃する作戦を計画しているとする声明を発表していた。

同通信によると、金氏は「わが朝鮮人民軍戦略軍はグアムの主要軍事基地を制圧、けん制し、米国に厳重な警告信号を送るために中・長距離戦略弾道ロケット『火星12』型の4発同時発射で行うグアム包囲射撃方案を慎重に検討している」と強調した。

また、「われわれが今回取ろうとする軍事的行動措置は、朝鮮半島とその周辺地域での米国の狂態を制止させるうえで効果的な処方になるであろう」と主張した。

つづけて、「戦略軍は、米帝の侵略基地を狙って実際の行動措置を取ることになる歴史的な今回のグアム包囲射撃を人民に公開する方案も検討中にある」と明らかにした。

さらに、「われわれが発射する中・長距離戦略弾道ロケット『火星12』型は、日本の島根県、広島県、高知県の上空を通過するようになり、射程3356.7キロを1065秒間飛行した後、グアム周辺30~40キロ海上の水域に落ちるようになるであろう」と述べた。

そのうえで、「朝鮮人民軍戦略軍は8月中旬まで、グアム包囲射撃方案を最終完成して共和国核戦力の総司令官に報告し、発射待機態勢で命令を待つであろう」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

朝鮮人民軍戦略軍司令官、朝鮮は実際の軍事行動で米国に厳重な警告を送る

【平壌8月10日発朝鮮中央通信】朝鮮人民軍戦略軍司令官の金絡謙大将は9日、次のように発表した。

すでに闡明(せんめい)したように、わが朝鮮人民軍戦略軍はグアムの主要軍事基地を制圧、けん制し、米国に厳重な警告信号を送るために中・長距離戦略弾道ロケット「火星12」型の4発同時発射で行うグアム包囲射撃方案を慎重に検討している。

昨日、戦略軍がスポークスマンの声明を通じてわが共和国に対する全方位的な制裁と軍事的脅威水位を最大に高調させている米国に聞き分けるほど十分な警告を送ったことにもかかわらず、ゴルフ場にいた米軍統帥権者は情勢の方向を全く判断できなかったまま、「火炎と憤怒」だの、何のという妄言をまたもや並べ立ててわが火星砲兵たちの興奮した神経をいっそう鋭く刺激している。

われわれの声明をいまだに正しく翻訳できなかったのか。

理性的な思考ができないもうろくした者とは正常な対話が通じず、絶対的な力で治めなければならないというのがわが戦略軍将兵の判断である。

われわれが今回取ろうとする軍事的行動措置は、朝鮮半島とその周辺地域での米国の狂態を制止させるうえで効果的な処方になるであろう。

わが戦略軍の火星砲兵たちは、米帝の侵略基地を狙った今回の包囲射撃を通じて朝鮮労働党の頼もしい核武装力に、世界最強の打撃軍種に強化発展した朝鮮人民軍戦略軍の強大な威力を再度全世界にあまねく誇示する燃える決意に満ちている。

戦略軍は、米帝の侵略基地を狙って実際の行動措置を取ることになる歴史的な今回のグアム包囲射撃を人民に公開する方案も検討中にある。

このような特例的措置は、わが人民に必勝の信念と勇気をさらにもり立て、米帝の哀れな境遇をはっきり認識させようとするところに目的がある。

われわれが発射する中・長距離戦略弾道ロケット「火星12」型は、日本の島根県、広島県、高知県の上空を通過するようになり、射程3356.7キロを1065秒間飛行した後、グアム周辺30~40キロ海上の水域に落ちるようになるであろう。

朝鮮人民軍戦略軍は8月中旬まで、グアム包囲射撃方案を最終完成して共和国核戦力の総司令官に報告し、発射待機態勢で命令を待つであろう。

われわれは、米国の言動を引き続き注視している。

    関連記事