女性に対して問答無用の「ブラ検査」…金正恩氏「薬物問題」の本気度

それでもはかばかしい成果は上がらなかったわけだが、最近の列車での取り締まりの厳格化は、薬物の流通を分断し、ビジネスとして成り立ちにくくしようとするものなのかもしれない。

この薬物問題とて、その原因は独裁体制にあるわけだが、何ら責任のない後の世代のためにも、撲滅に向けた当局の取り組みが進展してくれることを願わずにはいられない。すでに「手遅れ」を指摘する声も聴かれるが、この問題に限っては、金正恩党委員長の本気度に期待したいものだ。

    関連記事