北朝鮮で超人気の就職先。理由は「銃殺されないから」

転職を希望する人々は、企業の業務内容、投資、今後の展望などを把握した上で、第一志望の企業に就職するためにワイロを渡したりありとあらゆる手段を動員する。

別の情報筋によると、国営のアパレル工場や食品加工工場に務める労働者も、安定性が保証され賃金の高い合弁企業に転職しようとするという。また、貿易会社直営の工場も人気で、数百人待ちだとのことだ。

「ワイロを出せば不可能なものはないので、転職が流行している。一部の合弁企業は、従業員にコメ100キロと月給300元(約4900円)を支給している。保安員(警察官)ですら辞職して合弁企業に入ろうとする」(情報筋)

人々が合弁企業に殺到する理由は、一般的な労働者の月給4000北朝鮮ウォン(約52円)をはるかに超える月給だけではない。

    関連記事