悪評だらけの北朝鮮テレビで若手女子アナの涙ぐましい演出

生放送風の非常に「クサい」演出で、両キャスターも慣れていないようでぎこちない様子だったが、副調整室の映像からスタジオの映像に切り替わるなど、北朝鮮にしては「斬新な」演出もあり、画質や音質も非常にクリアだった。

また、昨年7月22日から全8話で放送された「壬申年のシンマニ(山に自生する朝鮮人参を掘る人)たち」という時代劇も韓国で話題となった。セリフ回しが韓国で製作された時代劇と非常に似通っていて、少し前に韓国で製作されたものと言われても遜色のないものだったからだ。

さらに、先日行われた軍事パレードではドローン(無人飛行機)から撮影した映像を使ったり、科学技術を紹介する番組ではVRを使ったりするなど、最近の朝鮮中央テレビには大きな変化が見て取れる。

    関連記事