北朝鮮当局が若い女性を対象に、「軍人を無視しないように」とする内容の宣伝事業に力を入れているという。背景には、朝鮮人民軍(北朝鮮軍)の深刻な「結婚飢餓」問題がある。

核兵器開発やミサイル発射による「強硬」なイメージとは裏腹に、北朝鮮軍は一部のエリート部隊を除き、弱体化が進んでいる。その原因は、主に2つある。ひとつは、女性兵士に対する「性上納」の強要や物資横流しなどの軍紀びん乱。そしてもうひとつが、兵力不足だ。

(参考記事:北朝鮮女性を苦しめる「マダラス」と呼ばれる性上納行為