北朝鮮の内閣機関紙・民主朝鮮は7日、日本の安倍政権を非難する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、先の衆院選で自民・公明の連立与党が勝利したことに言及し、「衆院選挙以後、安倍をはじめ高位人物らが一番先に言及した問題が憲法改正問題である」と述べた。

つづけて、「これは、安倍政権が衆院を早期解散して総選挙を行った根本目的が『平和憲法』の改正にあったということを物語っている」と指摘した。