北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は6日、署名入りの論説で「反米対決戦を総決算する」と主張した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論説は、「米国防長官と統合参謀本部議長が南朝鮮を訪ねてかいらいと共に『軍事的対応方案』に対する謀議を凝らしたのと時を同じくして、米原子力空母打撃団が朝鮮半島の周辺海域に集結した」と述べた。

つづけて、「すでに理性を喪失したホワイトハウスの老いぼれ狂人トランプがいつ、どの時刻に北侵核戦争の導火線に火をつけるかは誰も分からない」と指摘した。