金正恩氏がつい漏らした米韓「斬首作戦」への恐怖心

韓国軍が、金正恩党委員長ら首脳部を暗殺する「斬首作戦部隊」を12月1日で創設し、実戦配備すると明らかにした。

韓国の文在寅大統領は北朝鮮の核・ミサイル問題をめぐり、米国の対北圧力に同調しつつ、北に対話も呼びかけてきた。しかし、金正恩氏の威嚇が一向に止まないことから、圧力行使に舵を切ろうとしているようだ。

普通のトイレ使えず

斬首作戦とは、「南北の緊張が激化して衝突の可能性が高まった際、北朝鮮が全面戦争を決断する前に、先制攻撃で意思決定機関を除去してしまおう」という作戦だ。