金正恩氏が夢見る「ソウルの泥沼」と「無人機で暗殺」の悪夢

北朝鮮は、黄海上の南北境界線に近い韓国の延坪島とペンニョン島の占領を想定した特殊作戦部隊の攻撃訓練を、25日の「先軍節」に合わせて行った。訓練は金正恩党委員長が視察する中、航空部隊と砲兵隊が2島に見立てた島に砲爆撃を加えた後、空と海から歩兵部隊が奇襲上陸し、韓国の海兵旅団を撃破するシナリオに沿って行われた。

その様子を伝えた朝鮮中央通信によれば、金正恩氏は訓練の出来にたいへん満足し、「敵を無慈悲に掃討し、ソウルを一気に占領し、南朝鮮を平定する考えをしなければならない」と述べたという。

トイレを持ち歩く

北朝鮮がいまこの時期にこうした訓練を行うのは、米韓合同軍事演習に対抗するためだろうが、実際に戦争が起きたと仮定したとき、朝鮮人民軍(北朝鮮軍)が「韓国を平定」することなど出来るのだろうか。