北朝鮮の地雷が韓国軍兵士を吹き飛ばしたことをきっかけに、南北の軍事的緊張が高まっていた2015年8月、金正恩党委員長は準戦時状態を宣言し、戦争の準備に入った。しかし、今回はそのような宣言も、戦時体制の動員も行われていない。

(参考記事:【動画】吹き飛ぶ韓国軍兵士…北朝鮮の地雷が爆発する瞬間

情報筋は「警戒態勢も敷かれていなければ、(米韓)合同軍事演習に対抗するための反航空(防空)訓練も行われていない。やっていることと言えば、人々を集会に動員して写真を撮ることだけなのに、『総攻勢に出る』などという当局の言葉を誰が信じるものか」と説明した。

(参考記事:「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝鮮庶民のキツい本音

高英起(コウ・ヨンギ)

>>連載「高英起の無慈悲な編集長日誌」一覧

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記