北朝鮮の内閣機関紙・民主朝鮮は12日、米国本土への「最後攻撃命令を待っている」とする署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、米国が「核戦略資産を動員した朝鮮半島への大々的な武力投入と北侵核戦争狂気で地域情勢を極度に激化させている」としながら、「われわれの発展権と生存権を抹殺するための反共和国制裁劇に熱中している」と指摘した。

つづけて、「これは四面八方に活路が強く塞がって絶望感に包まれた連中の必死の身もだえ、ヒステリックな発作である」と嘲笑した。