国連安保理は5日、北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)級のミサイル発射実験に対応する措置として、制裁決議2371号を全会一致で採択した。

これについて、北朝鮮の外貨稼ぎ機関に長年勤務していた元高官は、この制裁がまともに履行されれば、北朝鮮の対外輸出の8割以上はブロックできるだろうと、米政府系のボイス・オブ・アメリカ(VOA)とのインタビューで述べた。

朝鮮労働党39号室傘下の大興(テフン)総局など、北朝鮮の複数の外貨稼ぎ機関の幹部を歴任した李正浩(リ・ジョンホ)氏は、制裁決議2371号が抜け穴なくまともに履行されたとすれば、8割以上の輸出がブロックされ約17億ドル(約1888億円)が得られなくなるため、北朝鮮の金づるを完全に断ち切る非常に効率的な制裁になるだろうと述べた。

中国とロシアが米国や韓国、日本に比べて制裁に消極的である理由について、李氏は2点を指摘している。