北メディア「米本土が想像できない災難に陥る」

北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は3日、大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星14」型の2度の試射で、米国に対北朝鮮政策の変更を促すよう警告したとする署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、火星14型の第1次試射(7月4日)は、「共和国に下手に手出しすればアメリカ帝国が最終的に滅亡するようになるということをはっきりと知らせる朝鮮の軍隊と人民の警告であった」と主張した。

つづけて、「米執権層は、不安と恐怖に震えながらもこのような助言と忠告を無視してしまった」としながら、第2次試射(7月28日)で「わが国家をどうにかしてみようとするなら、米本土が想像できない災難の中に陥る」と再び警告したと強調した。