北メディア、日本の「生存指導書」宣伝を非難

北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は14日、日本政府が「生存指導書」宣伝(「弾道ミサイル落下時の行動について」)を流したことを非難する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

日本政府は、北朝鮮が弾道ミサイルを発射し、日本に落下する可能性がある場合、どのように行動すべきかを周知するため、先月23日から全国の新聞70紙に「弾道ミサイル落下時の行動について」と題する政府広告を掲載した。テレビでも全国の民放43局で「弾道ミサイルが日本に落下する可能性がある場合」という内容のテレビCMを放送した。

論評は、このような公報活動に対して「正常思考によってはとうてい理解できないヒステリックな妄動だ」と指摘した。