「日本への低姿勢はアホな行為」北朝鮮、韓国政界を罵倒

北朝鮮国営の朝鮮中央通信は19日、韓国の丁世均(チョン・セギュン)国会議長が今月上旬に訪日し、「未来志向で成熟したパートナー関係を築いていきたい」と述べたことなどについて、「(過去のように)親日・売国の轍(てつ)を踏む」ものだと非難する論評を配信した。

論評は、自民党の二階俊博幹事長が安倍氏の特使として訪韓した際、「両国を遠い位置付けに持っていこうとする勢力が韓国にも日本にも少数だが存在する。悪巧みをする連中は見つけたら撲滅しよう」などと発言したことにも言及。

これは、朴槿恵前政権が日本と交わした慰安婦合意の廃棄を求める韓国国民に向けた「ごう慢無礼な妄言」であるとし、「日帝の過去罪悪を徹底的に清算しようとする全朝鮮民族に対する我慢できない愚弄、公然たる挑発」だと反発した。

それにもかかわらず、韓国政界が「対日低姿勢」を取るのは、「日本反動層の軍事大国化策動と朝鮮半島再侵略野望を粉砕するために北と南が力を合わせるべき時期に、千年来の敵と同族対決の悪巧みをめぐらすのは自分の家を狙う強盗に刃物を研いでやる阿呆(あほう)の行為である」と罵倒している。