北朝鮮、水害被災地で鉄条網の設置を進める

昨年8月の台風10号(ライオンロック)で、甚大な被害が発生した北朝鮮北東部。国境の警備施設がことごとく流され、一時はそのスキをついての脱北が急増した。北朝鮮当局は、こうした脱北や密輸を完全にブロックするために、国境地帯で鉄条網の設置を進めている。デイリーNKが現地からの情報を確認した。

鉄条網の設置が進められている中朝国境の北朝鮮側(撮影:デイリーNK)
鉄条網の設置が進められている中朝国境の北朝鮮側(撮影:デイリーNK)

設置が進められているのは、咸鏡北道(ハムギョンブクト)穏城(オンソン)郡の三峯(サムボン)労働者区の川岸だ。国境を流れる豆満江の対岸は、中国の吉林省延辺朝鮮族自治州龍井市の開山屯鎭だ。