かつて日本と北朝鮮を行き来していた貨客船・万景峰(マンギョンボン)号が、北朝鮮とロシアを結ぶ航路に投入されることがわかった。

ロシアのインベスト・ストロイトレスト社が、5月に新設する北朝鮮の羅津(ラジン)港とロシアのウラジオストク港を結ぶ航路に万景峰号を投入すると、日本経済新聞が19日に報じた。

この船は、第2次世界大戦勝利記念行事に参加する中国人観光客や北朝鮮の関係者を乗せて5月8日に羅津港を出港、9日午前にウラジオストクに入港する。続いて10日午前に羅津港に戻り、それ以降は月6往復する予定だ。