北朝鮮の朝鮮中央通信は10日、韓国の憲法裁判所が朴槿恵大統領を罷免する決定を下してから、わずか2時間半後にこのことを伝える記事を配信した。これほどの速報は、異例中の異例だ。他の北朝鮮メディアも、朴槿恵氏の弾劾を求める人々が参加した大規模集会の様子から、弾劾に至るまでの過程を連日報じている。

歯向かえば死あるのみ

このような報道は、北朝鮮当局の「南朝鮮(韓国)より、偉大なる元帥様(金正恩党委員長)のいる我が国(北朝鮮)の方が上だ」と宣伝する意図を反映したものだが、北朝鮮の人々が興味を持つのは、当局の意図とは裏腹に「人民(国民)が勝利した」という事実についてだ。