北朝鮮の労働新聞は26日、核弾頭実験に成功したことによって「熾烈な朝米核対決戦において米国は大惨敗を喫し、朝鮮はまたもや大勝利を収めた」と強調する署名入りの論評を掲載。同日、朝鮮中央通信が報じた。

論評は「朝米間の力の対決において、われわれは米国を完全に圧倒した。オバマは恥ずべき米国の敗北の歴史にまた1ページを残さなければならない恥をかいた」と主張。

さらに、「米国は肥大した力を信じてわれわれをどうにかしてみようとのさばっていて、われわれから痛打を受けて敗北だけを繰り返した」と指摘した。

そのうえで「米国がそこから逃れられる道はただ一つ、対朝鮮政策を見直して新たな出発をすることだけである。米国が大国としてのメンツを立てられる道はその道しかない」と忠告した。