警視庁公安部外事2課が昨年12月中旬、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)が運営する朝鮮大学校の元教員の男性を、詐欺容疑で逮捕していたとの情報が浮上している。

容疑の詳細は不明だが、警視庁は昨年6月、男性の親族が失業手当を不正受給したとの疑いで、男性宅を捜索していた。

また、在日韓国系の新聞は、この男性と韓国で摘発された北朝鮮によるスパイ事件との関連を指摘している。

【関連記事】韓国でつかまった北朝鮮スパイが「東京多摩地区」で会っていた人物とは!?