北朝鮮軍、韓国軍「拡声器」を攻撃…韓国軍は数十発で対応射撃

韓国軍によると、20日午後3時25分ごろ、朝鮮人民軍(北朝鮮軍)が韓国軍が設置した拡声器に向かって射撃をしたことが明らかになった。

韓国軍は、北朝鮮軍が埋設したと見られる地雷が爆発し、兵士2人が負傷した事件をきっかけに、11年間中断していた拡声器による北朝鮮向けの放送を再開していたが、北朝鮮は「無差別な打撃を行う」などと警告を発しながら、激しく反発。拡声器を狙った訓練を強化していると韓国メディアが報じていた。

韓国軍関係者は、「北朝鮮軍が、午後3時25分頃、ロケット砲と推定される砲弾一発を京畿道漣川郡中面に向けて発射したことを感知装置で捕らえた。韓国軍は、ロケット砲が発射された地域に、155㎜砲弾数十発余りで対応射撃した」と明らかにした。

【関連記事】
【動画】吹き飛ぶ韓国軍兵士
北朝鮮、「拡声器」狙った訓練強化