「心配でしょうがない」首脳会談失敗で北朝鮮から失望と不安の声

全世界の注目を浴びつつベトナムのハノイで開催されるも、合意に至らないまま終了した2回目の米朝首脳会談。

北朝鮮国営の朝鮮中央通信は1日付の記事で、「敬愛する最高指導者(金正恩党委員長)とトランプ大統領は、朝鮮半島の非核化と朝米関係の画期的発展のために今後も緊密に連携し、ハノイ首脳会談で論議された問題解決のための生産的な対話を引き続きつないでいくことにした」と報じ、具体的な結果には触れないまま「新しい対面を約束しながら別れのあいさつを交わした」と記事を締めくくることで、合意に至らなかったことを示唆した。

北朝鮮国内からの反応はまだ伝わってこないが、会談結果をリアルタイムで知った中国にいる北朝鮮の貿易関係者から失望の声が上がっていると、米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。中には、責任追及による「粛清」を懸念する声もある。

北朝鮮では過去、行政上の失敗などの責任を問われ、多くの人々が公開処刑や政治犯収容所送りになっている。

中国の丹東に駐在する北朝鮮の貿易関係者は、税関で新義州(シニジュ)に向けて発送する作業を行った後、オフィスに戻りネットをチェックしていたときに首脳会談のニュースを知ったとして、「2回目の会談が合意も署名もなく終わるとは思っていなかった、とても虚しい」と失望を隠しきれない様子だ。

この関係者は、核・ミサイルの放棄と経済制裁をリンクさせて解決しようとする流れに対して、否定的な考えを持っていた。

「率直に言って(我々)貿易担当者たちは、最高尊厳(金正恩氏)が非核化を前提にして、米国の経済制裁を解く目的で平壌から列車に乗って中国を経てベトナムのハノイに向けて出発したときから懐疑の目で見ていた」

皆がひもじい思いをしながら作った核やミサイルを、あっさりと放棄するわけがないという見方をしていたこの関係者。ところが、会談を前にしてその考えに揺らぎが生じたようだ。

「しかし、昨日(27日)に朝米首脳が晩餐会の席で笑顔で対話する様子をニュースで見て、もしかしたら良い結果が出るかもしれないとの期待を持った」

そんな期待も失望に変わってしまった。

「米国の大統領と会った席で、最高尊厳がすべての人が喜ぶ立派な結果を出すと発言したときには、今回は本当に核とミサイルの放棄を約束して、米国の経済制裁を解除させるという大胆な決断を下すかもしれないと思ったのに、今日の会談の結果を見て完全に拍子抜けした」

中国駐在の別の北朝鮮貿易関係者は、会談が合意なしに終わったことについて、責任のない人がとばっちりを受けるかもしれないと懸念している。

「最高尊厳が平壌に戻れば、会談についての総和(総括)をしなければならないのに、何よりも心配なのは、会談を行った実務者たちが今後、どんな責任を負わされるかということだ。罪のない人が会談失敗のスケープゴートにされ、粛清される事態が起きるかもしれない。心配でしょうがない」

    関連記事