韓国統一省関係者は16日、記者団に対し、北朝鮮が朝鮮戦争などで生き別れになった南北離散家族の再会事業と引き換えに2016年に集団脱北した北朝鮮レストランの女性従業員の送還を要求したことに対し、「送還はできない。政府の立場は明確だ」と述べた。

同当局者はまた、「女性従業員たちは自らの意思で韓国に入り、本人の希望に沿って順調に定着している」と説明。集団脱北は「韓国当局による拉致」であるとしてきた北朝鮮の主張を打ち消した。

韓国政府は9日に開かれた南北高位級会談で、旧正月(今年は2月16日)に合わせ離散家族の再会行事を開催するための赤十字会談を提案した。しかし、北朝鮮が女性従業員12人の送還を条件として提示し、この議題では決裂した。

    関連記事