韓国に入国した脱北者、昨年比で2割減少

今年上半期に韓国に入国した脱北者が、昨年同期比で約2割減少したことがわかった。

韓国統一省は12日、今年1月から6月末までに韓国に入国した脱北者は593人で、昨年同期の749人と比べ20.8パーセント減少したと発表した。

脱北者の韓国入国は、北朝鮮が大飢饉、「苦難の行軍」の真っ只中にあった90年代後半に激増したが、2011年に金正恩氏が最高指導者の座についてからは減少し始めた。2011年は2705人だったのが、2012年には1502人、2015年には1275人まで減少した。昨年は1418人で再び増加に転じたが、今年に入ってからはまた減少している。

韓国に入国する脱北者の減少は、必ずしも脱北者の全体数が減ったことを意味しない。