北朝鮮の朝鮮中央通信は14日、日本の安倍晋三首相を非難する論評を配信した。

安倍氏は今月6日、トランプ米大統領と日米首脳会談を行った。論評は、安倍氏が会談後の共同記者会見で「朝鮮問題において日本と米国の立場が100%一致するということを再度強く確認するという繰り言まで言った」と指摘した。

これに対して、「上司の対朝鮮敵視政策実現の先頭に立って軽々しく振る舞っている忠犬のずる賢い行動は実におぞましさをかき立てる」と非難した。