また、「米国のエスカレートする反共和国孤立・圧殺策動から国の最高の利益と人民の安全を守るために、朝鮮労働党は並進路線を国の戦略的路線に提起して経済建設と核戦力建設に拍車をかけてきた」と主張した。

つづけて、「しかし、トランプ一味は何の打算もなしに無鉄砲に『朝鮮半島非核化』を自分らがやり遂げるかのように威張りながら、われわれとの対決狂気をよりいっそう強めた」と非難した。

その上で、「われわれの非核化を期待するということは煮た卵からひよこがかえるのを待つような荒唐無稽な愚行だと言わざるを得ない」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。