北朝鮮の内閣機関紙・民主朝鮮は14日、署名入りの論評で同国の非核化を期待すべきでないと主張した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、米国の対外政策研究機関や元ホワイトハウス国家安保補佐官などが、「北朝鮮を核保有国に認めることこそ情勢を安定させ、戦略的錯誤を防ぐことのできる唯一で合理的な方法だ」と主張したことに言及した。

これについて、「極端な対朝鮮敵視政策によって朝鮮半島の核問題解決を破綻させたトランプ行政府の無知な『狂人戦略』に対する辛らつな批判であると見るべきであろう」と指摘した。