つづけて、「日本が過去に働いた性奴隷犯罪は、絶対に許せない特大型の反人倫罪悪である」と糾弾した。

さらに、「日本が片意地を張る目的は、単に特大型の反人倫犯罪を働いた戦犯国であるという羞恥感を隠そうとするところにあるのではない」とし、「帝国時代を復活させて過去に遂げられなかったアジア制覇野望をなんとしても実現するという腹黒い下心が潜んでいる」と指摘した。

その上で、「日本は、自国のためにも過去清算の責任から逃れようとする見苦しい行動を中止しなければならない」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。