韓国の民放SBSは、韓国軍当局者の話として、兵士が乗っていたのはジープで、かなりのスピードでJSAの哨所の近くまで接近したが、タイヤが側溝にはまったため、車から降りて徒歩で南側に向かったと報じた。

別の韓国軍筋は、北朝鮮の追撃組数名がこの兵士を殺傷する目的で無差別射撃を加えたとし、韓国軍は事件をリアルタイムでモニタリングしてており、さらに詳しくは現在行われている国連軍の軍事停戦委員会の調査で明らかになるだろうと述べた。

兵士は追っての北朝鮮兵士4人から、40数発の銃撃を受けたとされる。

韓国の通信社ニューシスによると、兵士は、京畿道水原市の亜州大学病院の京畿南部外傷センター外傷蘇生室にヘリコプターで搬送され緊急手術を受けた。