朝鮮人民軍(北朝鮮軍)兵士1人が13日午後、板門店(パンムンジョム)の共同警備区域(JSA)から韓国側に亡命したが、その詳しい状況が徐々に明らかになりつつある。

この地域の警備を担当する国連軍司令部は声明を発表し、事件の概要を次のように説明した。

朝鮮人民軍兵士1名は車に乗り、13日午後3時15分ごろに板門店の共同警備区域(JSA)に到着した。そして、午後3時30分ごろに南側(韓国)に逃げ込んだ。その過程で朝鮮人民軍から銃撃を受けた。

倒れていたところを、韓国軍、米軍兵士に保護された後、国連軍司令部所属の警備兵、通訳とともにヘリコプターで約70キロの距離にある京畿道水原市の亜州大学病院に搬送された。