韓国軍合同参謀本部によれば、13日午後、韓国と北朝鮮が対峙する軍事境界線上の共同警備区域(JSA)において、朝鮮人民軍(北朝鮮軍)兵士1名が韓国へ亡命。途中、北朝鮮側の銃撃を受けて負傷し、韓国軍が緊急搬送した。韓国軍合同参謀本部が明らかにした

亡命した兵士は、JSAの北側施設「板門閣」前方の警戒拠点から、が韓国側施設である「自由の家」方向に逃げてきたという。

韓国軍は北朝鮮側が挑発に出る可能性を踏まえ、警戒態勢を強化している。