北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は13日、米韓が「『北の核脅威』と『挑発』を唱えてわれわれに悪らつに言い掛かりをつけている」と糾弾する署名入りの論説を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論説は、「朝鮮半島と地域の平和と安全を破壊して核戦争の危険を高調させる挑発者、侵略者は他ならぬ米国と南朝鮮のかいらいである」と強調した。

また、「米国こそ、時代錯誤の対朝鮮敵視政策と無分別な核戦争策動によってわれわれの自主権と生存権、発展権を抹殺し、全朝鮮を支配するために狂奔する極悪非道な侵略勢力である」と述べた。