中国では今月5日、最近脱北して韓国行きを目指していた脱北者10人が公安当局に逮捕された。10人はいずれも、北朝鮮に強制送還される危機に瀕している。

(関連記事:脱北に失敗した4歳男児の父が悲痛な訴え「北朝鮮に息子を殺させないで」

この件について、国際的な人権団体のヒューマン・ライツ・ウォッチ(HRW)は、中国政府に対して10人を難民認定するよう求めている。

フィル・ロバートソンアジア局長代理は、米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)の取材に、中国は拷問、迫害などの危険に晒されることが明らかなのに、脱北者を北朝鮮に送り返し続けてきたと批判した上で、今からでも国連難民条約を守って、強制送還中断することを求めた。