北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は10日、米国などが「核戦争の導火線に火をつけようと画策している」とする署名入りの論説を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論説は、「米国の対朝鮮侵略狂気が今年のように極に達した時はかつてなかった」と指摘した。

つづけて、「朝鮮半島と地域の平和と安定を守るための唯一の方途は侵略者、挑発者を無慈悲に掃滅することのできる核戦力を質量共にいっそう強化して力の均衡を取ることだけだということを明白に示している」と強調した。