北朝鮮の内閣機関紙・民主朝鮮は9日、米国が「反共和国『人権』騒動に執着し続けている」と糾弾する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、「世界で最も劇甚な人権廃虚地帯である米国は、もともと誰それの『人権』について口にする資格やメンツもない」と述べた。

また、「自国内だけでなく、世界各地でも殺りくと放火、強奪をはじめ歯ぎしりする反人倫的犯罪行為をはばかることなく働く特等人権犯罪国がほかならぬ米国である」と指摘した。