脱北して一度は韓国に入国したものの、その後カナダに向かい難民申請を行った脱北者は300人から500人ほどいると言われているが、締め付けの強化で国外追放される懸念が高まっていると、米政府系のボイス・オブ・アメリカ(VOA)が報じた。

カナダは、2007年から2015年までの間に465人の脱北者を難民として認定。単年では2012年に218人とピークに達したが、2013年から激減し、昨年にはついに0になってしまった。

これは、カナダ政府が2012年12月、安全が保障された国からの難民申請を受け付けない方針を定め、2013年5月末から韓国がその対象となったためだ。つまり、韓国に一度入国した人からの難民申請を認めないということだ。