韓国政府が、今年の7月と8月に中国の北京で北朝鮮と実務接触を行っていたと、韓国の東亜日報が7日、複数の情報筋の話を引用して報じた。

韓国政府は北朝鮮との交渉の経験がある当局者を派遣し、北朝鮮政府も格を合わせた人物を派遣した。ある情報筋は、北朝鮮が関心をもつような人物を選んで派遣したが、国家情報院(諜報機関)の関係者ではないとのことだ。

政府は否定

この席で北朝鮮側は、文在寅大統領が吸収統一の象徴であるドイツで平和統一構想「ベルリン構想」を発表したことと、日米中露など周辺各国に特使を派遣しておきながら北朝鮮には派遣しなかったことに強い不満を示したという。