北朝鮮の朝鮮中央通信は6日、トランプ米大統領の「好戦的暴言と戦争狂気がこれ以上傍観できない域に至った」とする論評を配信した。

論評は、「10月26日、米議会下院議員62人がトランプが議会の承認なしには朝鮮を先制攻撃できないようにするための『対朝鮮攻撃禁止法案』を下院に提出したのに続き、上院議員も同じ内容の法案を発議しようとしている」と述べた。

また、米紙・ニューヨーク・タイムズやワシントン・ポストなどの主要メディアが「これらの法制定を求めており、複数の団体はトランプ行政府を相手に法律的訴訟まで起こしている」とした。